日総コラム

2018.03.16
解決事例

請負活用で、総コスト削減とコア業務への社員配置転換を実現

お客様の課題・背景

金属・樹脂部品の加工処理を得意とする部品メーカーであるお客様の事例。 多品種少量生産・受注生産の生産形態を採用しているため、特に購買管理・品質管理において業務負荷ががかかっていた。その為、多数の社員がそれらに固定配置され付加価値のない間接業務の比率が高いことが大きな課題となっていた。社員を付加価値を生み出せるよりコアな業務への配置転換することを計画しそれらの解決方法を検討していた。

サービス導入したことによる効果

1購買・発注管理を請負化 お客様の人的資源をコア業務に集約
付加価値を生みにくい購買・発注管理を請負化。 それによりお客様の人的資源をコア業務(保全・生産技術等)へ集約が実現になり 課題となっていた購買管理業務への配置固定化も解消することが可能となりました。
2包括的な請負により 生産革新に貢献
当社が製造部門、購買管理、品質管理までを包括的に請負化したことにより、お客様は生産革新に関する業務に集中でき、いち早く生産革新を実現することに貢献できました。

当時例が活用できるサービス・類似サービス

請負

日総工産株式会社へのお問い合わせはこちら