日総コラム

2018.03.16
解決事例

計画的な請負化により、派遣期間制限の課題を解決

お客様の課題・背景

自動車関連部品を取り扱うメーカーであるお客様の事例。 2013年当時、適用法令により「派遣可能期間(満3年)」抵触による派遣社員一斉の契約終了が迫り大きな課題となっていた。然しながら、直接雇用に切替えた場合も、固定人件費や労務コスト等の負担が急増し対応しきれないという課題もあり、対応策について検討を進めていた。

サービス導入したことによる効果

1計画的に請負化を実現 更に請負化で生産性と品質を改善
派遣可能期間の対応として計画的な請負化を提案し、取り組みを実施。 長期間就業していた従業員の継続雇用を実現でき、更に請負化による自社での計画的な教育訓練で生産性と品質の向上を図ることが出来ました。
22Win - Win - Win を実現
3者各々が「良かった」と感じられる体制構築を実現することが出来た。 お客様:請負会社の取り組みによる原価率の改善 従業員:雇用の安定。キャリアUP。教育訓練機会の創出 当社 :改善活動による生産性改善

当時例が活用できるサービス・類似サービス

請負

日総工産株式会社へのお問い合わせはこちら