202307.06
ニュースリリース

「健康経営アライアンス」に参画しました

日総工産株式会社(横浜市港北区新横浜一丁目4番1号、代表取締役社長執行役員兼CEO 清水竜一)は、6月30日に設立した健康経営®アライアンスに参画いたしましたのでお知らせいたします。

 

健康経営アライアンスは、「社員の健康をつうじた日本企業の活性化と健保の持続可能性の実現」というビジョンに共感する148の企業・団体(6月30日時点)が活動する組織です。健康経営アライアンスでは、企業と健保が連携したコラボヘルスの推進を通じて、データドリブンの課題特定と解決策の実行、各種施策の評価を行っていきます。また、データヘルス計画に基づくPDCAサイクルの着実な遂行を通じて、健康経営の型づくりと成果創出のためのソリューションの共創および産業界への実装を実現していきます。

 

当社は1971年の創業以来、製造系人材サービスのパイオニア企業として産業界と労働市場の発展に力を尽くしてまいりました。創業理念である「人を育て 人を活かす」を実現するためには、従業員および、そのご家族が心身ともに健康であり、多様な人材がそれぞれの能力を最大限に発揮できる環境を整えることが重要だと位置づけ、健康保持・推進を支援する方針を定めております。健康経営アライアンスへの参画を通じて、ワークエンゲージメントの向上やワークライフバランスの推進に取り組み、人的資本経営を加速させていきます。

 

【健康経営アライアンスの主な取り組み】

1.健康経営の評価指標の設計

健康経営の取り組みと成果が適正に評価され、企業価値向上に資する健康経営のKPIを設計します。

2.データ分析に基づく健康経営アセスメントの作成

健診・レセプトデータの分析結果や従業員アンケート等の分析結果を活用し、健康課題の特定と可視化に資する「健康経営アセスメント」の枠組みを検討中です。会員皆様の健保・労務担当者様とのコラボヘルス促進の一助を目指します。

3.各種ソリューションの情報プラットフォームの構築

健康経営の成果創出に必要な各種ソリューションの情報を蓄積します。参画企業・団体のソリューション導入経験、効果検証結果をもとにデータベースを構築し、自社の課題に合ったソリューション選定の判断材料を共有します。1社では限定的なトライ&エラーを、多くの企業・団体による集合知で、解決策の実行に関するラーニングスピードを高めていきます。

4.勉強会/セミナーの開催

経営層、人事・健保実務担当者向けに、健康経営に関するリテラシー、スキルを高めるための勉強会/セミナーを開催します。

(テーマ例)

(1) 人的資本経営における健康経営の取り組み

(2) 健康経営におけるデータ活用

(3) 健康経営を浸透する企業文化の醸成と従業員への働きかけ

(4) 課題解決に向けた企業の実践事例

【代表幹事企業・会員企業・団体】

URL:https://kenkokeiei-alliance.com/

 

「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

日総工産株式会社 IR部 TEL:045 -777 -7630

 

 

CONTACT

日総工産株式会社への
お問い合わせはこちら