人材育成への取り組み

人材育成の考え方

日総工産で働く、全ての人がその道のプロになる

日総工産は「メイド・イン・ジャパンを支える最高のプロ集団になる」というビジョンの実現を目指して、人材育成に何よりも力を注いでいます。
学びを実践につなげるOff-JTと、実践を成長につなげるOJTの相乗効果によって、ものづくりに貢献できる人材を継続的に数多く輩出しています。

学びを実践につなげる

理論や事例を学び、気づきを得る。
目的を明確にし、実践できるスキルを身につける。

実践を成長につなげる

実践の機会を通じて、経験を積み重ねる。
日々創意工夫することにより、個々人の成長につなげる。

教育の特徴

日総工産は、知識とスキルの両方を兼ね備えた人材の育成を図るため、座学などの教育はもちろん、実践的な訓練も重視しています。

特に、現場の運営管理力の強化(マネジメント強化)と現場で求められる技能・技術の強化(テクニカル強化)に重点を置き、現場での実践を踏まえた教育体系を構築しています。

これらの教育体系を支える基盤として全国各地に教育訓練施設を整えることにより、効果的な人材育成を実現しています。

マネジメント強化

生産マネジメント

ものづくりの現場においては、常に生産性向上を目指して改善が進められています。
日総工産ではものづくりの現場で求められる専門知識やスキルを、ベーシック・アドバンス・エキスパートの3つのコースに分類。
オリジナルテキストを用いた教育を通じて、さまざまな現場 に対応できる力を持った人材を育成しています。

間接部門マネジメント

ものづくりの現場の労務管理を担う「業務管理者」の育成にも注力しています。
労務管理に必要な基礎知識や考え方をはじめ、法令などの高度な知識を身につける教育を定期的に実施しています。
また、新入社員・中堅社員・幹部といった各段階ごとに必要な知識・スキルを身につける教育も行っています。

テクニカル強化

生産系訓練

組み立て、塗装、検査といった、さまざまなものづくりの現場で必要とされるスキルを身につけるため、生産現場に近い環境を用意し、実践的な訓練を実施しています。

技術系訓練

装置技術

製造現場におけるものづくりの基礎知識から、電気や製図などの基礎はもちろん、メンテナンスやトラブルシューティングの実技では、現場で使用されている装置を用いることで、より実践に近い状態で訓練することができます。
未経験者には、工具の扱い方などの基礎からスタートし、現場で活躍できるレベルのスキル習得まで、フォローアップしています。

機械設計

機械設計・機械製図の基礎、加工や材料の知識をベースに、3次元CAD基礎操作から応用までの体系的なカリキュラムを組み、より実践的な訓練に取り組んでいます。
未経験者の育成実績も多数あり、配属後のフォローも行っています。

教育訓練施設

充実した設備の教育訓練施設を全国各地に保有

全国各地にある教育訓練施設で人材育成に取り組んでいます。
日総テクニカルセンター東日本と東北テクニカルセンターは、宮城県から認定職業訓練校にも指定されています。

日総工産株式会社へのお問い合わせはこちら