ロゴロゴ

エンジニア

文系学部出身でも
エンジニアとして活躍できる

エンジニア

K.T.

2017年入社

2017年にエンジニアとして入社したK.T.さん。
文系出身でしたが、設計訓練コースを受け輸送機械メーカーの開発・製造部門で活躍しています。
応募のきっかけから、仕事のやりがい、今後の目標についてインタビューしました。

教育・研修が充実、文系出身でも
エンジニアなれることが決め手でした。

私は文系学部の出身で、大学卒業後、営業の仕事に従事していました。
しかし、次第に専門性を追求する働き方がしたいと思うようになりました。
特に興味を抱いたのが、CADソフトを用いた設計の仕事です。
そこで、教育・研修が充実しており、
文系出身でもエンジニアとして活躍できる環境が備わっている
日総工産に入社しました。

設計コース訓練を受け、希望通りの輸送機械メーカーの開発・製造部門に配属。

入社後、東北テクニカルセンターで5Sや4M、QCDといったものづくりの基礎研修を受け、メーカーでの半年間の現場実習を経て、
再び東北テクニカルセンターで設計コースの訓練を受けています。
この間、日総工産の担当者が定期的に面談を行って、就業先に関する要望をヒアリングしてくれました。
その結果、当初の希望通り、輸送機器メーカーの開発・製造部門に配属されることになりました。

文系出身の私でも、
エンジニアとしての自信が持てる

文系出身の私にとって、「必要な技術を習得できるだろうか」
という不安が常にありましたが、実際に日総工産で学んでみると、
心の中にあった不安がすべて吹き飛んでしまいました。
特に現場実習で、ものづくりの現場ならではのスピード感に大きな感動を覚え、
ものづくりを担う方々の意識の高さを間近で見たことで、
私自身のモチベーションも高まりました。
東北テクニカルセンターでの研修も、私に多くの学びをもたらしてくれました。
設計の土台となる基礎技術に加えて、
設計図を描いていくための“考え方”も学ぶことができました。
配属先では、シミュレーションによって部品の溶接を検証する仕事に就く予定です。
まずはいただいた仕事に全力で取り組み、
自信を持って「エンジニアです」と言えるレベルを目指したいですね。
そして経験を積んだら、後輩の指導にも挑戦したいと思っています。

INTERVIEWインタビュー

一覧に戻る