ロゴロゴ

エンジニア

原因を究明し、
解決できたときが一番の喜び

エンジニア

F.T.

2012年入社

2012年にエンジニア社員として入社したF.T.さん。
生産設備の番人となり、安定稼働を目指す保守・保全は、縁の下の力持ち的存在です。
応募のきっかけから、仕事のやりがい、今後の目標について聞かせていただきました。

日本のさまざまなメーカーに技術を提供している
この会社なら自分のやりたいことができると思った

学校でインテリアを学んでいた頃、試行錯誤しながら図面を描いたり、
実際に家具を作った経験から“ものづくりの楽しさ”を実感。
両親の知り合いに日総工産の社員がいたことから、
入社を検討するようになりました。
詳しく調べてみると、日本のさまざまなメーカーに技術を提供しているとのこと。
この会社なら自分のやりたいことができると思い、入社を決めました。

ミッションは生産設備のすべての工程が滞りなく稼働するよう管理すること

現在、私は生産設備の保守・保全の仕事に従事しており、
生産設備のすべての工程が滞りなく稼働するよう管理するのがミッションです。
突発的な故障が発生した場合、いかにしていち早く復旧を実現するかが、腕の見せ所となります。

さまざまな現場を経験し、
保守・保全分野のエキスパートになる

現場に配属された当初はわからないことがたくさんありましたが、
「とにかくやってみること」が大事だと思い、
不具合が発生したときには自ら動くよう心がけてきました。
日総工産の先輩技術者は経験豊富で、得意分野を持っている人が多く、
現場で先輩方から教えていただいたことがたくさんあります。
「自ら原因を究明して復旧を行い、無事に製造ラインが稼働する」
ここに、私たちの仕事のやりがいがあると思います。
この現場で引きつづき経験を積んでいき、
ゆくゆくはリーダーを目指したいと思っています。
できれば複数の現場を経験し、保守・保全分野のエキスパートになれたら嬉しいですね。

INTERVIEWインタビュー

一覧に戻る