社長メッセージ

株主・投資家の皆さまへ

株主・投資家の皆さまには、平素より格別のご支援を賜わり、厚く御礼を申し上げます。

日総工産は1971年に創業し、2021年2月に創業50年を迎えます。
「人を育て 人を活かす」という創業理念のもと、約50年にわたり、ものづくりを人の側面から支えてまいりました。当社にとっては人こそが最大の財産であり、サービスを提供するうえでもっとも基本的かつ重要な資源であるとの考えから、人権の尊重・コンプライアンスの遵守を土台として、各人の適性を踏まえた「人づくり」と、働く人がやりがいをもって活躍できる「職場づくり」に取り組んでおります。

いま、私たちを取り巻く環境は、急激に変化しています。AiやIoT、5Gなどのテクノロジーの進化により、産業構造が大きく変わり始めています。テクノロジーの進化に伴う影響は、特に製造業にとって大きいと言われており、これまで必要とされてきたスキルや働き方も大きく変わろうとしています。こうした変化により、スキルのミスマッチ等による需給ギャップも拡大していくものと予想されます。
そこで、我々は人材サービス事業者の使命として、人材のマッチング機能のみならず、円滑な人材移動が図れるようなキャリア開発、より付加価値の高い労働に人材をシフトさせるための健全な労働市場の形成の一翼を担っていくことにより、「人を育て 人を活かす」という創業理念を実践し、持続可能な社会の実現に貢献していきたいと考えております。
これからも、事業を通じて社会課題の解決に貢献し、社会とともに持続的に成長していくことを目指して企業活動に取り組んでまいります。また、新しい時代に即した人づくりを推進し、働く人の成長と日本の未来に貢献するために挑戦を続け、企業価値の向上に努めてまいります。

株主・投資家の皆さまにおかれては、より一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役会長兼社長 清水 竜一
2020年9月

日総工産株式会社へのお問い合わせはこちら