環境

環境(環境への取り組み)

基本的な考え方

当社は、人材サービスの一連の活動を通じて、地球環境保全と汚染予防を経営の重要課題と位置づけ、事業活動と地球環境との調和を目指します。また、環境方針にもとづき、事業活動によって生じる環境への影響を認識した上で、環境目的、目標を設定し、見直し、地域社会とも共生しながら、循環型社会を形成することに従業員が積極的に取り組み、継続的な改善を行っております。

環境方針

当社は、人材サービスの一連の活動を通じて、地球環境保全と汚染予防を経営の最重要課題と位置づけ、事業活動と地球環境との調和を目指すため、この環境方針を策定します。以下の基本方針により、事業活動によって生じる環境への影響を認識した上で、環境目的、目標を設定し、見直し、地域社会とも共生しながら、循環型社会を形成することに全従業員が積極的に取り組み、継続的な改善を行います。

①事業活動にあたり、汚染予防や環境負荷を低減させるため、次の項目に取り組みます。
 1.事務所内の電気節減の徹底
 2.エコドライブの推進
 3.廃棄物の分別収集の徹底
 4.地域の環境保全活動へ積極的に貢献する
 5.会社で使う備品のグリーン購入率を高める
②環境関連の法律・条令・規則および当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
③持続可能な資源の利用・気候変動の緩和および気候変動への適応・生物多様性および生態系の保護を考慮します。
④全社員が環境保全に対する意識を向上させ環境方針が理解できるよう、環境マネジメントシステムの周知、実行、維持および継続的改善を徹底します。
⑤この環境方針は、定期的に見直しを行い、一般にも公開します。 

ISO14001に基づいた活動

当社は、製造系人材サービスの本社での管理業務において、2005年にISO14001の認証取得をいたしました。
汚染予防や環境負荷を軽減させるための活動
事務所内の電気節減の徹底(電気使用量)
 (目標)2019年度から4.8%以内の増加に留める
 (実績)約0.7%の増加
エコドライブによる燃費向上(燃費)
 (目標)2019年度から6.2%以内の悪化に留める
 (実績)約38.6%の向上
廃棄物の分別収集の徹底(廃棄物処理費)
 (目標)2019年度から4.8%以内の増加に留める
 (実績)約41.7%の増加
グリーン商品購入の徹底(購入率)
 (目標)92%以上の購入率を目指す
 (実績)95%
事務所内の紙節減の徹底(紙使用量)
 (目標)2019年度から9.2%以内の増加に留める
 (実績)約1.5%削減
事務所内の節水の徹底(水使用量)
 (目標)2019年度から4.8%以内の増加に留める
 (実績)約3.9%削減

この実績に基づき、次年度目標を定め、事業とも連携させた活動を行っております。

横浜製 カンナ削りの木のストロー製作で「脱プラスチック」に貢献

当社の特例子会社である日総ぴゅあ株式会社は、ヨコハマSDGsデザインセンターの進める横浜製カンナ削りの木のストロー「SDGsストロー・ヨコハマ」の製作に参加しました。本取組は、横浜市が保有する水源林の間伐材を原材料とし、市内企業の特例子会社で障がい者の方々が製作し、市内を中心とするホテル・商業施設等での利用・普及を進めています。日総ぴゅあが製作した木のストローは、市内のホテル等で導入・利用が開始されています。

日総工産株式会社へのお問い合わせはこちら