環境

環境(環境への取り組み)

基本的な考え方

当社は、人材サービスの一連の活動を通じて、地球環境保全と汚染予防に取り組み、事業活動と地球環境との調和を目指します。また、環境方針にもとづき、継続的な改善に取り組んでまいります。

環境方針

当社は、人材サービスの一連の活動を通じて、地球環境保全と汚染予防を経営の最重要課題と位置づけ、事業活動と地球環境との調和を目指すため、この環境方針を策定します。以下の基本方針により、事業活動によって生じる環境への影響を認識した上で、環境目的、目標を設定し、見直し、地域社会とも共生しながら、循環型社会を形成することに全従業員が積極的に取り組み、継続的な改善を行います。

① 事業活動にあたり、汚染予防や環境負荷を低減させるため、次の項目に取り組みます。

1.事務所内の電気節減の徹底
2.エコドライブの推進
3.廃棄物の分別収集の徹底
4.地域および顧客などの環境保全活動へ積極的に貢献する
5.会社で使う備品のグリーン購入率を高める

② 環境関連の法律・条令・規則および当社が同意するその他の要求事項を遵守します。

③ 持続可能な資源の利用・気候変動の緩和および気候変動への適応・生物多様性および生態系の保護を考慮します。

④ 全社員が環境保全に対する意識を向上させ環境方針が理解できるよう、環境マネジメントシステムの周知、実行、維持および継続的改善を徹底します。

⑤ この環境方針は、定期的に見直しを行い、一般にも公開します。

環境マネジメント体制

当社は、製造系人材サービスの本社管理業務において、2005年にISO14001の認証を取得しました。ISO14001の環境マネジメントシステムにおいて、社長をトップマネジメントとして、環境方針を掲げ、環境行動計画を策定し、当社の環境活動を行っております。活動の結果がトップにフィードバックされる仕組みを構築し、PDCAサイクルを回しております。
年1回のマネジメントレビューを通じて環境マネジメントシステムの適切・妥当かつ有効であることを確認し、継続的な改善を行っております。
気候変動問題に向けて
気候変動問題は世界で取り組む問題として、国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」やG20金融安定理事会(FSB)が設置した「 TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)」にもとづき、事業と絡めた活動を取り組むことが求められており、当社グループにおいても企業の持続的な発展を目指す上での取り組みを始めております。

リスク管理
当社グループにおける気候変動による影響は、例えば取引先工場が大型台風や暴風雨などの異常気象が原因で工場停止になることで派遣・業務請負での勤務状況に影響があることなどが挙げられます。また、派遣・業務請負先での影響を踏まえ、ISO14001でのリスク管理、全ての企業活動におけるコンプライアンスやリスクを管理する仕組みの構築・運用を行うリスク・コンプライアンス部会とのリスク管理を連動する形でリスクに対して適性に分析・評価し、対応を行っております。リスク度合い・発生する確率・影響度の3つの項目で総合的に判断し、対応を行っております。
(コラム)
コンタクトレンズの空ケースリサイクル運動に参画
当社は、2021年3月11日より、HOYA株式会社様の「アイシティecoプロジェクト」に参画しております。

・「空ケースの再資源化による環境保全」

…リサイクルを行うことでCO2排出量の削減

・「障がい者の自立・就労支援」

…回収された空ケースのアルミシールをはがすなど、リサイクルの支援業務

・「日本アイバンク協会への寄付」

…リサイクル業者に買い取っていただいた収益の全額を日本アイバンク協会様への寄付

環境方針に基づいた活動
当社は地球環境保全の一環とし、自動車のエコドライブ運転を推進しております。環境への負荷低減を目的としており、具体的には自動車のガソリン使用を低減、交通事故を減らすことで自動車部品の交換回数を減らすことなど無駄な資源使用を低減しております。2021年からは、自動車利用頻度の高い全国にある拠点に活動を拡大し、より一層の環境負荷を低減する活動を行っております。また、環境に関する意識を高めるため、入社教育とISO14001定期教育を実施しております。

汚染予防や環境負荷を軽減させるための活動と目標

事務所内の電気節減の徹底(電気使用量)

(目標)2020年度から現状維持に留める

(実績)約1.9%の減少

エコドライブによる燃費向上(燃費)

(目標) 2020年度から現状維持に留める

(実績)約6.1%の悪化     

悪化の原因は、新型コロナウイルス感染対策に伴い長時間の出張が減ったため

廃棄物の分別収集の徹底(廃棄物処理費)

(目標)160万円以内に留める

(実績)約23万円の増加    

増加の原因は、不要なデスク・椅子等の廃棄を行ったため

グリーン商品購入の徹底(購入率)

(目標)95%以上の購入率を目指す

(実績)95%

事務所内の紙節減の徹底(紙使用量)

(目標) 2020年度から現状維持に留める

(実績)約44.5%削減

事務所内の節水の徹底(水使用量)

(目標) 2020年度から現状維持に留める

(実績)約18.1%削減

この実績にもとづき、次年度目標を定め、事業とも連携させた活動を行ってまいります。


日総工産株式会社へのお問い合わせはこちら