CSRの考え方

CSRの考え方(トップメッセージ)

日総工産株式会社は1971年に創業し、2021年2月に創業から50年を迎えました。「人を育て 人を活かす」という創業理念を掲げ、50年以上にわたり、ものづくりを人の側面から支えてまいりました。当社グループにとっては人こそが最大の財産であり、サービスを提供するうえでもっとも基本的かつ重要な資源であるとの考えから、人権の尊重・コンプライアンスの遵守を土台として、一人ひとりの適性を踏まえた「人づくり」と、働く人がやりがいをもって活躍できる環境の構築に取り組んでおります。

日総グループとSDGs

私たちを取り巻く環境は、急激に変化しております。温暖化等の気候変動による自然災害リスクの増加、海洋プラスチックなどの汚染問題により、さまざまなビジネスの持続的な可能性に警鐘が鳴らされております。
また、私たちは世界的に拡大した新型コロナウイルス感染症に直面しております。その影響により、私たちの暮らしにも新しい働き方、新しい生活様式などさまざまな変化が生じております。
更に、AIやIoT、5Gなどのテクノロジーの進化により、あらゆるものがデジタル化されることによって、ビジネスモデルの変革の必要性が問われております。テクノロジーの進化に伴う影響は、特に製造業にとって大きいと言われており、その変化に対応するためにもITとビジネスを一体として捉え、新たな価値創造に向けた戦略を描いていくことが経営課題であると考えております。
こうした変化に対応し、企業が持続的に発展していくためには、長期的な視点で社会のニーズを重視した経営と事業展開が必要になります。そのためにも、ガバナンスを強化し、経営リスクに対応することに加え、新たなビジネスチャンスの獲得を目指して、持続可能性を追求する事業運営に取り組んでまいります。

人を育て 人を活かす

私たちは、創業理念にある「人を育て 人を活かす」の実現に向けて、「人」を何よりも大切にした経営を実践してまいりました。従業員一人ひとりの可能性を信じ、無限の可能性に挑戦し、成長することが企業の成長にもつながります。
従業員一人ひとりの多様な価値観や個性を認め合い、活かしながら、その能力を最大限に引き出す仕組みづくりや、働きやすい職場づくりを継続することによって、人が育ち、人が活きる環境が実現すると考えております。


「働く機会と希望を創出する」の実現に向けて

私たち日総グループは、企業と人の成長を支援する人材ソリューションサービスの提供を通じた「働く機会と希望を創出する」というミッションを掲げております。
地球環境の変化や社会環境の変化などの大きな変化が生じている中、持続的な成長を実現すべく、経営判断の迅速化が出来る体制を構築し、「高い成長力のある企業グループに変革する」というビジョンの達成に向けたマテリアリティ(重要課題)を、「働きやすい職場づくり」、「社会変化や産業変化への対応」、「ガバナンスの強化」と定義しました。「働きやすい職場づくり」の実現に向けて、事業の特性に合わせ、働きがいのある職場とは何かを明確にし、その改善を行ってまいります。「社会変化や産業変化への対応」の実現に向けて、景気変動に強い事業構造への変化を目指し、ダイバーシティやDXなどの激変する経営環境への投資を加速してまいります。また、「ガバナンスの強化」の実現に向けて、コーポレート・ガバナンスを強化し、コンプライアンス経営を推進し、リスク管理体制を整備してまいります。

持続可能な社会の実現を目指して

当社グループは、ESG(環境、社会、ガバナンス)の視点にもとづき、SDGsが目指す「持続可能な開発目標」を実践することで、社会からの要請に応えることが何よりも重要なことだと考えております。ステークホルダーエンゲージメントをもとに、具体的な計画と目標を設定することで社会課題の解決を目指してまいります。
これからも、事業を通じて社会課題の解決に貢献し、社会とともに持続的に成長していくことを目指して、企業活動に取り組んでまいります。また、新しい時代に即した人づくりを推進し、働く人の成長と日本の未来に貢献するために挑戦を続け、企業価値の向上に努めてまいります。

 
 

日総工産株式会社へのお問い合わせはこちら