ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針
日総工産株式会社(以下、「当社」という)は、金融商品取引法などの関係法令および東京証券取引所の定める適時開示規則(以下、「適時開示規則」)に則り、タイムリーかつ一貫した信頼のおける会社情報を株主・投資家の皆さまに開示し、平等に入手できるよう努めます。
2.フェア・ディスクロージャーへの取り組みについて
当社は、フェア・ディスクロージャー・ルールを遵守し、投資判断に重要な影響を与える未公開の重要情報を管理し、
社外に伝達を行う場合は、一部の取引関係者だけへの開示とならないよう配慮し、公平な情報開示に努めます。
3.インサイダー取引の未然防止
当社は、インサイダー取引の未然防止を図るため、重要情報の適切な管理および株式の売買など、
遵守すべき事項を社内規程に定め、当社グループ全体への周知徹底と理解啓発に努めます。
4.情報開示の方法
当社は、金融商品取引法などに基づく情報開示は、金融庁の提供する「EDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)」を用いて公開します。
適時開示規則に該当する情報開示は、東京証券取引所の提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」にて公開します。
また、その他の重要な情報についても、適宜TDnetを用いて行います。いずれの場合も、速やかに当社ウェブサイトにて公開します。
なお、当社ウェブサイトへの掲載は、ツールやシステムの準備の都合上、TDnetにおける公開時期より遅れる場合もあります。
5.将来の見通しに関して
当社は、株式上場している東京証券取引所に提出する業績予想に加えて、その他の方法により、業績見通しに関する情報を開示する場合があります。
また、開示する情報には、計画、見通し、戦略などに関する情報が含まれる場合があります。
それらの情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでいます。
実際の業績はさまざまな要素により、これら見通しとは異なる結果になりうることをご承知おきください。
6.沈黙期間について
当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、決算期末の2週間前から決算公表日までの間は「沈黙期間」とし、この期間は、決算に関連するコメントや質問への回答を、一切差し控えることとします。
ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく異なる見込みが出てきた場合は、適時開示規則に従い適宜情報開示を行います。
7.投資判断について
当社ウェブサイトに掲載されている情報は、当社の事業内容、財務情報および経営情報についてのご理解を深めていただくためのものであり、投資勧誘を目的としたものではございません。
投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断で行われますようお願いいたします。
8.第三者への情報開示と第三者による業績予想
当社は、既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境などの情報に限り言及します。
また、第三者によるいかなる当社に関するコメント、業績予想などを支持することをいたしません。
9.その他
当社ウェブサイト上での当社情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載している免責事項も合わせてご参照ください。
【適時開示体制の概要(様式図)】

日総工産株式会社へのお問い合わせはこちら