企業の皆様へ

請負・請負導入コンサルティング

創業40年以上の豊富な実績から御社にマッチしたプランをご提案致します。

■ 「請負」・「短期請負」サービス
サービス 請負
短期請負
概要

請負会社が、仕事の完成を目的として委託された業務を遂行(製造過程を請負)します。スタッフは請負会社の社員であり、請負会社からの指揮命令により業務に従事します(雇用と使用の一致)。

告示37号に対応できる業者選択が必要

左記、請負の概要に加えて

短期間の変動の激しい業務をまるごと外注

主なメリット

◆ 請負先企業の間接業務軽減(採用・スタッフ管理・人事労務経費など)

◆ 長期継続が可能であり技術の蓄積ができ安定稼働が望める

◆ 職場改善活動などを協働で取組める

◆ 月々の生産変動に対応可能

◆ 派遣とは異なり抵触日がない

◆ 派遣活用で生じるリスク・規制がない

◆ 請負先企業の労使問題、労働安全衛生などの責任範囲が狭く、雇用に関わるリスク軽減が可能

左記、請負の主なメリットに加えて

◆ 短期業務の依頼が可能

◆ スピーディーな立上げ

◆ ”日々紹介”を利用する場合に比べて業務負荷軽減

活用シーン

請負には抵触日や、派遣活用で生じるリスク・規制がないため、長期間に亘って業務を任せる事ができる。また、生産変動への柔軟な対応が可能。

業務単位でラインを切分けて発注することで、

  1. 生産体制維持など人材マネジメント上の悩みがある
  2. 派遣利用期間終了後も外部人材を活用したい
  3. トータルコストを抑えたい
  4. 労働者派遣法改正にあたり対策を講じたい

などの場合に最適

~「請負化は向かない又は難しいのではないか?」とお考えの企業様も是非一度ご相談ください~

左記、請負の活用シーンに加えて

短期間で完了するような作業でも発注することが可能なため、少量の作業が発生した際に

  1. 採用コストを抑制したい
  2. 直接雇用時の間接業務を低減したい

などの場合に最適

請負導入コンサルティング

日総工産では、短期から長期まで、基本レベルから高度運営レベルまで企業様のご要望に応じた請負運営を行っております。まずはお問合せください。

請負とは

■「請負」とは

請負とは

請負とはアウトソーシングの一種で、労働の結果として『仕事の完成を目的』(民法第632条)とします。派遣が業務を担当する人材を提供するのに対し、請負は“業務そのもの”を担当致します。

派遣と請負では、指揮命令者が御社(注文主)になるか当社(請負事業主)になるかという点が大きな違いとなります。また、スタッフの安全衛生の確保や労働時間の管理などに関して、注文主である御社が負うべき責任も異なってきます。

■ 請負開始までの流れ

請負開始までの流れ

請負開始までの流れ

■ 請負導入コンサルティングについて

請負は魅力的だけど自社の業務に則しているのか判断がつかない企業様のために。

企業様の職場(工程)診断を行うサービスも実施しております。企業様にとって請負をするべきか、別の手段を講じるべきか、企業様の目線に応じた対応方法をご提案させていただいております。

今後の方針を決定する材料として、請負導入コンサルティングもご活用ください。